アイフルのデメリット

キャッシング限度額の増額サイトまとめ

アイフルのデメリット

アイフルは金利が高い

アイフルのデメリットを挙げるとしたら、金利が高いことです。しかし、アイフルという消費者金融と銀行のカードローンを比較した際に言えることです。つまり、一般の消費者金融であるプロミスやアコムとの金利には差がありません。あくまでも銀行系と比べると金利が高いということです。通常の金利はどのくらいの差があるのでしょうか?アイフルなどの消費者金融は4.5%〜18.0%に対し、銀行カードローンは4.5%〜14.5%が設定されています。この設定額からも上限金利にだいぶ差があることが分かるでしょう。

借り入れ・返済の際に手数料が発生する

アイフルは、アイフル自社のATMでなら、借り入れと返済などの利用を手数料無料で利用することができます。しかし、提携銀行ATMやコンビニATMで借り入れや返済を利用する場合には、手数料が発生します。また、提携ATMの営業時間はそれぞれ異なるので、利用する前に確認をする必要があります。

アイフルのデメリット



返済・口座引き落としが複雑

アイフルの返済方法はいくつかありますが、その中でも口座振替は返済日が毎回異なるためとても複雑です。なぜなら、35日ごとに返済期日が切るサイクル制をアイフルでは採用しているからです。35日制とは、初回の借り入れから35日後に返済期日が設定されます。その間に借り入れをついかしたとしても、返済額が変わるだけで返済期日は変わりません。返済日に支払いをすると、今度はその日から35日後が次の支払日となります。支払日が毎回変わるので、口座引き落とし日に残高がなくて引き落としができなかった・・ということがないように注意しましょう。

最短即日振込の締め切り時間が早い

アイフルはほかの消費者金融よりも、最短即日振り込みの締め切り時間が早いので、若干即日融資をしにくいというデメリットがあります。大手消費者の手続き締め切り時間は14時30分か14時50分となっていますが、アイフルは14時が手続きの締め切り時間となっています。そのため、即日融資を希望している方は、急いで手続きを済ませる必要があるでしょう。

アイフルは独立系消費者金融

プロミスやアコムなどの大手消費者は、大手銀行の傘下のもとにあるため安定しています。そんな中、アイフルは消費者金融の中でも独立している金融会社です。独立しているということは、もし経済が大変になった時にサポートしてくれる親会社がいないということです。つまり、突然、事業が終わってしまう可能性もあるということです。しかし、現在、経営を続けているので特に心配をする必要はないでしょう。

 

アイフルの公式サイトはコチラ

 

【↓↓アイフル公式サイト↓↓】

 

 

【↓↓限度額の増額方法↓↓】

 

アイフルの利用限度額の増額方法はコチラ